舞台美術『劇団 江戸間十畳 本公演Vol.9 [エキスポ]』

劇団江戸間十畳の舞台に3度関わらせていただきました。 今回の舞台でちょうど一年間になります。
今回は前回までのアトリエ公演ではなくウッディシアター中目黒という小劇場での公演。 僕は舞台美術担当ではなく劇場のロビーに設置するフォトブースとしてのオブジェを制作しました。 岡本太郎先生による太陽の塔の上部に位置する金色の顔部分を縮小して再現した立体作品。 今回の演目は『エキスポ』1970年の大阪万博が物語に関わってくるので万博の象徴としてこのモチーフをチラシにも取り上げています。 立体作品のほうは完成したものを演出家 中井庸友氏が見て、舞台の演出にも取り入れることに決定。 クライマックスシーンで文字通りスポットライトを浴びて登場する運びとなりました。

制作過程
詳しくはブログ『ロマンチストで悪いか』2017 4/25の記事にて

チラシ原画・スケッチ・図面


舞台美術 劇団江戸間十畳本公演Vol.9 公演情報ページ
公式舞台写真:『エキスポ』※準備中
作品形態:自立式オブジェ
作品寸法:幅約120cm 奥行き約60cm 高さ約220cm
制作時期:2017年3月下旬~4月26日(打合せ期間含む)
クライアント:劇団 江戸間十畳 ウェブサイト
会場:ウッディシアター中目黒 ウェブサイト