立体作品(カスタムトイ)『ミニリーノ』

minirino-005

作者自身をモデルにしたカスタムトイ。 もともと遊びで自分に似せた頭をつくって市販のアクションフィギュアにつけていたものを改修し、写真作品に登場するキャラクターとして仕上げたもの。 子供の頃に夢中で遊んだミクロマンというアクションフィギュアの後継モデルを元にして、今も同じもので遊んでいる。

minirino-001 minirino-002 minirino-003 minirino-004 minirino-006

このカスタムトイの素体として使ったミクロマンというアクションフィギュアは身長10cmほどの小さな人形だが、全身の関節が非常によく動き、様々なポーズを取らせることができる。 今回の改修では頭部の大きさを実際の自分自身の比率よりも多少大きめに作ることでコミカルな表情が出るようにしている。 造形自体は様々な角度から見て本人に似るよう慎重に仕上げ、顔の塗装はラフで単純な記号的要素を持たせた。 衣装はグレンチェック柄のツナギ。 製図から縫製まですべて手製。 ここまで小さなサイズの服は普通の布では動きを考えて作ると難しい。 今後も小さな人形は作っていきたいので衣装の素材はいろいろ試してみたい。

minirino_wip-001 minirino_wip-002 minirino_wip-003 minirino_wip-004 minirino_wip-005 minirino_wip-006 minirino_wip-007 minirino_wip-008 minirino_wip-009

完成した人形はとても小さいので、プラスチック製のペンケースに差し替え用の手首パーツと合わせてピッタリ収まります。 これを外出先に持っていって、何かがひらめいたら写真に収める。 その写真をデジタル加工したり、そのまま楽しんだりという形で作品づくりをします。 この、出先でさっと人形を取り出して写真に撮るっていう遊びがとても楽しいので、皆さんにも同じような楽しみを共有していただけるような作品/プロダクトも作ってみたいなと思案中。

下の写真、一枚目が撮影したままのもの、二枚目はそれを元にデジタル加工でグラフィック作品として仕上げたもの。 ポップでグラフィカルなZine『HotDog and Me』のカバーとして使用している一枚です。

minirino-007 minirino-008

『ミニリーノ』
作品形態:カスタムトイ(タカラトミー製ミクロマンを改修)
サイズ:身長約10cm
制作期間:2016年7月~2016年8月
素材:素体としてミクロマン、エポキシパテ、アクリル絵具、布
販売:非売品
ZINE:『HotDog and Me』(1000円+税)発売中